FC2ブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

練習するにあたり 

2012/08/02
Thu. 12:13

以前書いたかもしれませんが
練習内容もそうですが、練習しやすい環境作りの大切さも強く感じます。

部屋にピアノ椅子があり、その前に譜面台が立っていて楽譜が載っている。
足下には足台。
願わくば横にギターケースが置いてあって、いつでもギターを取り出せる状態。

ここまで座ってすぐに弾ける状況が整っていると
ギターを構えて弾くまでが非常にスムーズになるので
練習に対する抵抗感がかなり薄れると思います。

話は逸れますが、アマチュアの方に限って話をすると練習は長時間やるんではなく、チラッと10分~1時間。出来ればそれを数回でオッケーです。
勿論もっと弾きたい方は怪我に注意してもっと弾いて戴いて構いません。
練習スパンは出来たら毎日がベストですが、練習の効果を維持するには
最低限日を空けて週三回。
レッスンを受けている方はレッスン日を含めてオッケーです。
3日以上空けると練習の内容が殆ど脳に残りません。
レッスン前日や当日に焦って2~3時間やるよりも、無理なく指がいくようになりますよ。
この辺りの学習心理学を応用した練習法については、岡本浩一氏著 PHP新書出版の『上達の法則』に詳しいです。


練習で頑張って弾くのも大切ですが、ギターを身近に感じるような工夫も
やってみると意外と面白いものです。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。